製造業務の効率化なら|不要の中古機械は専門業者へ買取を依頼しましょう

不要の中古機械は専門業者へ買取を依頼しましょう

製造業務の効率化なら

作業員

三次元測定機は様々な方式によりメカ部品の三次元的な寸法を計測する機器であり、製造メーカーにとって重要である、作成したメカ部品の寸法精度の確認等の用途に用いられます。その方式は大きく分けて、接触型と非接触型に分類されます。接触型は装置から出ているプローブを測定対象に押し当てながら、測定対象の形状に沿ってプローブを動かして走査することで、プローブの変位量から対象の三次元形状を読み取ります。原理的には単純で対象に接触する必要がありますが、精度が良く、信頼性の高い方法です。これに対し、対象に接触せずに形状測定を行える非接触型の三次元測定機があります。これはレーザー等を対象物に照射し、反射光を解析して対象物の形状を読み取る方式です。触れずに測定可能である利点があり、また寸法測定精度も高い方式です。それぞれの利点を知り、測定対象に合わせた方式を採用することで、より正確な測定が可能です。

接触式と非接触式の三次元測定機はそれぞれに得意とする場面があり、自社の製造現場における測定対象がどの測定器にマッチしているか知ることが肝要です。例えば接触式の三次元測定機は、精度が良く信頼性の高い方式ですが、対象にプローブが接触し、かつそのまま走査方向に動かさなければならないので、対象の表面が脆かったり、柔らかかったりして、触れるだけで削れたり変形してしまう素材には使えません。車のフレームや筐体部等の表面の硬い金属製部品検査の場面などで有用です。これに対し非接触型は二次元の線状レーザーを照射し、反射光を解析しながらレーザー照射位置を動かして走査することで三次元形状を読みとる方法が代表的です。測定精度が良く、走査速度も速い利点がありますが、対象物の表面が光を反射しやすい材質や色である必要があります。精密機械の繊細な部品の寸法測定などに有用です。各方式にそれぞれ異なる利点があり、自社の測定物に合った三次元測定機を選定することで、効果的な運用ができます。